日程表・プログラム

開催方法がWEB開催のみに変更されましたが、会期中は、日程表と同日・同時刻にご講演内容を配信させていただく予定です。

会長講演

11月21日(土)9:00〜9:25

  • 演者:佐藤 伸一(東京大学)

招待講演

11月21日(土)16:30〜17:30

  • 座長:竹原 和彦(金沢大学名誉教授)
  • 「強皮症について(仮)」
  • 演者:John Varga(Northwestern Scleroderma, John and Nancy Hughes Distinguished Professor of Rheumatology)

アジア交流特別講演

11月22日(日)9:40〜10:40

  • 座長:森田 明理(名古屋市立大学)
  • 「Cutaneous adverse reactions to cancer targeted therapies」
  • 演者:Chia-Yu Chu(National Taiwan University Hospital)

特別講演

特別講演1

11月21日(土)13:00〜14:00

  • 座長:島田 眞路(山梨大学学長)
  • 「UV effects beyond skin deep」
  • 演者:Jin Ho Chung(Seoul National University College of Medicine)

特別講演2

11月21日(土)14:10〜15:10

  • 座長:佐藤 伸一(東京大学)
  • 「がんの起源について」
  • 演者:小川 誠司(京都大学腫瘍生物学)

特別講演3

11月22日(日)10:50〜11:50

  • 座長:相原 道子(横浜市立大学学長)
  • 「食物アレルギーの暗闇にひとすじの光を探せ!」
  • 演者:森田 栄伸(島根大学)

教育講演

教育講演1

11月21日(土)9:30〜10:30

  • 座長:山本 俊幸(福島県立医科大学)
  • 「限局性強皮症」
  • 演者:浅野 善英(東京大学)

教育講演2【皮膚筋炎とSLE】

11月21日(土)10:40〜11:40

  • 座長:新井 達(聖路加国際病院)
  • 「皮膚筋炎の最前線:診断から治療まで」
  • 演者:濱口 儒人(金沢大学)
  • 「全身性エリテマトーデスのup to date」
  • 演者:小寺 雅也(JCHO中京病院)

教育講演3【尋常性疣贅と真菌症】

11月21日(土)13:00〜14:00

  • 座長:竹中 基(長崎大学)
  • 「ガイドラインに基づく尋常性疣贅診療」
  • 演者:渡辺 大輔(愛知医科大学)
  • 「皮膚科医ならではの足白癬と爪白癬の治療」
  • 演者:常深 祐一郎(埼玉医科大学)

教育講演4【皮膚外科手術のワンポイントアドバイス】

11月21日(土)13:00〜14:00

  • 座長:土田 哲也(埼玉医科大学)
  • 「皮膚外科手術のピットフォール」
  • 演者:帆足 俊彦(日本医科大学)
  • 「大きめの手術(郭清など)」
  • 演者:中村 泰大(埼玉医科大学国際医療センター)

教育講演5【ダーモスコピー】

11月21日(土)14:10〜15:10

  • 座長:田中 勝(東京女子医科大学東医療センター)
  • 「メラノサイト系病変のダーモスコピー所見」
  • 演者:門野 岳史(聖マリアンナ医科大学)
  • 「ダーモスコピー「メラノサイトとそれ以外」」
  • 演者:外川 八英(千葉大学)

教育講演6

11月21日(土)16:30〜17:30

  • 座長:末木 博彦(昭和大学)
  • 「薬疹とウイルスの接点―薬剤性過敏症症候群―」
  • 演者:浅田 秀夫(奈良県立医科大学)

教育講演7【分子標的薬の皮膚障害、免疫チェックポイント阻害剤のirAE】

11月22日(日)9:40〜10:40

  • 座長:吉野 公二(がん・感染症センター都立駒込病院)
  • 「薬剤性皮膚障害 これまでとこれから」
  • 演者:山口 由衣(横浜市立大学)
  • 「免疫チェックポイント阻害薬のirAE」
  • 演者:並川 健二郎(国立がん研究センター中央病院)

教育講演8【水疱症】

11月22日(日)13:10〜14:10

  • 座長:石河 晃(東邦大学)
  • 「薬剤投与に伴う水疱性類天疱瘡」
  • 演者:氏家 英之(北海道大学)
  • 「B細胞を標的とした新しい天疱瘡の治療」
  • 演者:山上 淳(慶應義塾大学)

教育講演9【白斑、脱毛症】

11月22日(日)14:20〜15:20

  • 座長:桒野 嘉弘(帝京大学溝口病院)
  • 「白斑の診断と治療:最新のトピックス」
  • 演者:大磯 直毅(近畿大学)
  • 「脱毛症の病態理解とその治療への活かし方」
  • 演者:大山 学(杏林大学)

特別シンポジウム

【医工連携研究】

11月21日(土)14:10〜15:10

  • 座長:吉崎 歩(東京大学)、竹山 春子(早稲田大学先進理工学研究科生命医科学専攻生命分子工学)
  • 「医工連携研究による医学・生物学の発展」
  • 演者:瀬藤 光利(浜松医科大学細胞分子解剖学/国際マスイメージングセンターセンター長)
  • 「ナノ流体工学と臨床免疫学の連携による限界を超える免疫分析デバイスの創成と研究応用」
  • 演者:北森 武彦(東京大学マイクロ・ナノ多機能デバイス連携研究機構/国立清華大学(台湾))

シンポジウム

シンポジウム1【皮膚T細胞リンパ腫Update】

11月21日(土)9:30〜11:30

  • 座長:菅谷 誠(国際医療福祉大学)、濱田 利久(高松赤十字病院)
  • 「CTCLの診断、治療について」
  • 演者:管 析(東京大学)
  • 「皮膚リンパ腫治験における最近の話題」
  • 演者:平井 陽至(岡山大学)
  • 「ドナー候補が見つかる時代、同種造血幹細胞移植によって皮膚T細胞リンパ腫の治癒を目指す」
  • 演者:金 成元(国立がん研究センター中央病院造血幹細胞移植科)
  • 「放射線治療について」
  • 演者:大熊 加恵(国立がん研究センター中央病院放射線治療科)

シンポジウム2【診療科横断的に考える血管炎の病態】

11月21日(土)9:30〜11:30

  • 座長:石黒 直子(東京女子医科大学)、清島 真理子(岐阜大学)
  • 「病理から見た皮膚症状を来す血管炎」
  • 演者:石津 明洋(北海道大学病態解析学)
  • 「ANCA関連血管炎の分子標的治療」
  • 演者:針谷 正祥(東京女子医科大学膠原病リウマチ内科学)
  • 「腎臓内科から見た皮膚症状を来す血管炎」
  • 演者:藤元 昭一(宮崎大学血液・血管先端医学)
  • 「皮膚科からみた皮膚症状を来たす血管炎」
  • 演者:住田 隼一(東京大学)

シンポジウム3【膠原病診療〜知っておきたい治療薬の使い方〜】

11月21日(土)13:00〜15:00

  • 座長:長谷川 稔(福井大学)、浅野 善英(東京大学)
  • 「ステロイド・免疫抑制薬の使い方」
  • 演者:桑名 正隆(日本医科大学アレルギー膠原病内科学)
  • 「小児自己免疫性疾患・自己炎症疾患の治療」
  • 演者:宮前 多佳子(東京女子医科大学膠原病リウマチ通風センター小児リウマチ科)
  • 「母性内科の立場から」
  • 演者:村島 温子(国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター/妊娠と薬情報センター)
  • 「生物学的製剤の進歩」
  • 演者:田中 良哉(産業医科大学第1内科学)

シンポジウム4【強皮症治療のハードルをクリアーする】

11月22日(日)9:40〜11:40

  • 座長:浅野 善英(東京大学)、相場 節也(東北大学)
  • 「全身性強皮症の診断と検査」
  • 演者:濱口 儒人(金沢大学)
  • 「皮膚症状(皮膚硬化、潰瘍、石灰沈着など)への対応」
  • 演者:牧野 貴充(熊本大学)
  • 「間質性肺疾患への対応」
  • 演者:住田 隼一(東京大学)
  • 「あまり知られていない強皮症の合併症:こんな合併症にも注意!」
  • 演者:茂木 精一郎(群馬大学)

シンポジウム5【皮疹から見る皮膚病理】

11月22日(日)9:40〜11:40

  • 座長:安齋 眞一(日本医科大学武蔵小杉病院)、山元 修(鳥取大学)
  • 「浸潤性紅斑の病理」
  • 演者:福本 隆也(福本皮フ病理診断科)
  • 「「紫斑」を理解するための病理診断ABC」
  • 演者:泉 美貴(昭和大学医学教育学)
  • 「難治性潰瘍の病理」
  • 演者:阿南 隆(札幌皮膚病理診断科)
  • 「皮膚結節、皮下結節の病理(腫瘍系)」
  • 演者:伊東 慶悟(日本医科大学武蔵小杉病院)

シンポジウム6【小児における皮膚疾患】

11月22日(日)13:10〜15:10

  • 座長:吉田 和恵(国立成育医療研究センター)、佐々木 りか子(梨の花ひふ科)
  • 「小児の赤あざの治療―乳児血管腫を中心に―」
  • 演者:岸 晶子(虎の門病院)
  • 「小児の感染症〜求められる素早い診断と対策」
  • 演者:馬場 直子(神奈川県立こども医療センター)
  • 「小児の先天性皮膚疾患について」
  • 演者:玉城 善史郎(埼玉県立小児医療センター)
  • 「皮膚科の先生に知ってもらいたい食物アレルギーの知識」
  • 演者:柳田 紀之(相模原病院小児科)

シンポジウム7【メラノーマ診療最近の進歩】

11月22日(日)13:10〜15:10

  • 座長:門野 岳史(聖マリアンナ医科大学)、山本 明史(埼玉医科大学国際医療センター)
  • 「メラノーマの外科療法―原発巣と領域リンパ節への外科的介入のコンセプト―」
  • 演者:松下 茂人(鹿児島医療センター)
  • 「メラノーマ術後補助療法〜基本から適応まで〜」
  • 演者:宮川 卓也(東京大学)
  • 「術後悪性黒色腫の観察方法について」
  • 演者:吉野 公二(がん・感染症センター都立駒込病院)
  • 「進行期悪性黒色腫の治療」
  • 演者:中村 貴之(筑波大学)

日本皮膚科学会専門医指導医講習会

11月21日(土)13:00〜14:00

  • 座長:石河 晃(東邦大学)、佐山 浩二(愛媛大学)
  • 「専門医制度の概要と最新情報」
  • 演者:石河 晃(東邦大学)
  • 「専門医資格の更新」
  • 演者:佐山 浩二(愛媛大学)

専門医共通講習【感染対策、医療安全】

11月22日(日)10:50〜11:50

  • 座長:玉木 毅(国立国際医療研究センター病院)
  • 「皮膚科領域での抗菌薬適正使用について」
  • 演者:岡本 耕(東京大学感染症内科)
  • 「医療安全について」
  • 演者:山本 知孝(東京大学医療評価・安全部)

ハンズオンセミナー

ハンズオンセミナー1【基礎から学ぶレーザー治療】

11月22日(日)9:40〜11:40

  • オーガナイザー:船坂 陽子(日本医科大学)

ハンズオンセミナー2【ダーモスコピークイズ2020】

11月22日(日)13:10〜15:10

  • オーガナイザー:田中 勝(東京女子医科大学東医療センター)
  • オーガナイザー:外川 八英(千葉大学)

ハンズオンセミナー3
【レーザー治療応用編(ピコレーザー、Vビーム、瘢痕治療、脱毛、腋臭症治療などもふくめて)】

11月22日(日)13:10〜15:10

  • オーガナイザー:宮田 成章(みやた形成外科・皮ふクリニック)

2020年度日本皮膚科学会東京支部企画研修講習会

【膠原病:新たな展望】

11月22日(日)13:20〜15:30

  • 座長:小寺 雅也(JCHO中京病院)、簗場 広一(東京慈恵会医科大学葛飾医療センター)
  • 「皮膚筋炎における自己抗体と治療」
  • 演者:松下 貴史(金沢大学)
  • 「強皮症におけるB細胞異常:最新の治療」
  • 演者:吉崎 歩(東京大学)
◆お申込方法

受講を希望される方は、日本皮膚科学会雑誌 第130巻 6月号〜8月号に掲載の申込用紙、または下記の講習会オンライン申込サービスにてお申込み下さい。

【オンライン申込先】

下記、日皮会ホームページよりお申込み頂けます。
https://www.dermatol.or.jp/modules/member/index.php?content_id=9 (会員ログインが必要です)

  • 郵便振込、銀行振込で受講料をお支払いの方は従来どおり、日本皮膚科学会雑誌に掲載の申込用紙にてお申込み下さい。

■申込期日:オンライン申込:2020年9月28日(月曜日)
      郵送申込:2020年9月28日(月曜日)消印有効
      ただし、動画配信サーバー容量の都合上、定員に達し次第締切らせていただきます。

モーニングセミナー

ランチョンセミナー

スイーツセミナー

イブニングセミナー